我こそは「最後の執権」北条守時の末裔~自らのルーツを訪ねて      守時光睴氏S41年卒

■亡くなった父のメモから、自分のルーツを訪ね、本にまとめようと決意。

 

※この文章は守時氏からの聞き取りに基きます。

 

守時光睴氏は鎌倉幕府第16代執権北条守時の末裔として、

書著最後の執権北条守時~北条家の人々とゆかりの寺

 

と題する書籍を刊行なさいました。

 

北条守時は鎌倉幕府滅亡前の最後の執権。
鎌倉幕府に反旗を翻して幕府を滅ぼし

室町幕府初代将軍となった足利尊氏の妻は、

守時の妹という関係にありました。

 

鎌倉幕府存亡の一大事に執権であった守時が、

いかに戦い最期を迎えたのか、

その血を引き継ぐ子孫としての強い探求心と情熱をもって、

膨大な数の参考文献にあたり、

北条氏ゆかりの寺院を中心にこれ又膨大な数の寺院を訪ねて

住職から話を聞くという丹念な調査を始めた守時氏。

 

努力のかいあって、この8月にようやく、本が完成しました。

 

 

 

2016年8月 文芸社より新刊完売開始しました。

ご紹介します。

 

最後の執権北条守時~北条家の人々とゆかりの寺

 

 「重層的な視野による成果  歴史作家 山村竜也氏推薦」

「第16代執権北条守時の生涯を、その末裔がつづった渾身の一冊である。子孫ならではの丹念な調査をもとに、鎌倉北条氏の知られざる姿を描いた本書によって、われわれは『太平記』の時代をより深く理解することができるだろう。」

 

第1章 幕府を盤石とした北条氏各流

    北条氏の台頭/得宗家/名越流/極楽寺流/神沢流

    金沢流/佐介流/大仏流/赤橋流など

第2章 北条守時

    得宗家に次ぐ家路/執権就任の背景/正中・元弘の変/

    最後の執権/出陣の背景/守時と高氏など

第3章 北条一族ゆかりの寺

    

■亡くなった父のメモを肌身離さず。思いは鎌倉末期、幕府の為に壮絶な最期を遂げた守時の素顔へ。

「どうしてこの本を書こうと思ったのですか」

 

小さい頃から父親に自分の苗字「守時」の由来について、北条守時から来ているのだと聞かされていました。

父が亡くなる前、家系図とメモを見せて、「守時の名前の由来をきちんと残しておきたかった」と口にしたことが、先祖について調べてまとめたい、と思ったきっかけです。

 

それからは父のメモを肌身離さず、手帳にずっと挟んで暮らしてきました。

 

わたしの生まれ育ったのは岡山県備前市福田村というところですが、そこの住民はほとんどが「守時」姓でした。

守時神社という神社もあります。

 

資料によると、鎌倉幕府滅亡の直前、頼りにしていた足利尊氏が翻意して倒幕に転じ、実妹がその嫁であることから裏切り者の疑いをかけられていた執権守時は、自ら兵を率いて出兵、追い詰められて洲崎で自害しました。

しかし、北条氏の血筋は守時の妹が生んだ2代将軍足利義詮、その弟利基に引き継がれてゆくことになります。

 

守時自害ののち、落人たちが岡山に逃れ備前に逃れ落人の村を形成していたというのです。
我が家と隣の家には井戸と土蔵があり、そこを中心に守時集落は形成されていました。
代々伝わってきた刀や槍などの存在もありました。

明治になって、落人の集落は、「北条」を名乗らず「守時」を苗字として選んだのだと聞き伝えられました。

 

大学時代、アレックス・ベイカリーの「ROOTS}に出逢ったこともあって、両親亡き後、長男であることもあり、自分の先祖のことをきちんと調べたい!と思い立ち、調べ始めたのです。

 

 

 

■情報を求めて、鎌倉の寺院全てを訪ね始める。住職からその都度ご朱印を頂き、史実を調べてゆく何年かを重ねました。

最初に訪れたのは鎌倉の報国寺。

学生のころだったけれど、

偶然、鎌倉北条武士の戦死者の埋葬の塚の話を聞いたのです。

それこそは新田義貞が鎌倉攻めをした時の由比ガ浜での戦いでの

敗戦武士の無縁仏と教えてくださいました。

その時から、心の中ではいつか北条氏とゆかりの寺を訪問したい気持ちが芽生えていました。

 

鶴岡八幡宮を皮切りに、

鎌倉三十三観音霊場、

鎌倉十三仏巡り、

鎌倉七福神巡り、

鎌倉六阿弥陀仏、

鎌倉五山などの全ての寺を巡りました。

その都度、ご朱印をいただき、話を伺いました。

廃寺を含め、鎌倉以外のゆかりの寺院も訪ねました。

 

        (極楽寺のご住職と)

    (宝戒寺のご住職と)


   (洲崎古戦場碑)

北条守時は、1333518日 州崎古戦場にて自刃。39歳だった。

その場所に残された「洲崎古戦場碑」。

この近くには「陣出の泣塔」と呼ばれる塔があり、戦死者の供養のためと伝承が残っている。

この4日後、鎌倉幕府は滅びることになる。

 

北条氏の家紋

守時家の家紋

守時邸跡


■「審査調書は足で書け」~興銀時代に身に着けた現場主義

 

大学卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)へ入行しました。

当時の興銀は役人を役人とも思わない武士のような気風があふれていました。

      

融資をする際の審査をする部門にいたとき

その会社の審査調書というのを書くのですが、

そこで徹底して教えられたのが

「足で書け」

ということです。

 

相手を知りたい時は提出された書類ではなく、

「まず現場に行け」

ということです。

書類の上ではわからないことが現場に行くことでわかります。

在庫が実は多いとか、売り上げ値段のごまかしがあるとか。

 

今回本を書くにあたり、いつも心に思っていました。

 

「寺は足で書け!」と。

 

北条氏のゆかりの場所、寺、史跡には徹底して足を運びました。

 

 

 

 

■本を書き終えて

 

敗者の歴史は資料が残されることが少なく、

事実を歪曲されることも多いです。

調べて書いて消しまた調べて書いて消しの繰り返し。

 

それでも何とか書き続けられたのは、

両親や先祖への供養にしたいとの思いがあったからです。

「わが先祖を書くにあたり、神社仏閣を訪ねているうちに

鎌倉幕府が150年も続いたのは、嫡流である得宗家を北条各流が

網の目のように防御壁として支え、

結果として鎌倉幕府を長年に亘って巧みに維持してきたことがわかった。」

(本書冒頭より)

 

先祖の実像を明らかにすることのみならず

多くの寺院のご協力を得たことから

鎌倉観光発展の一助となればとの思いもあります。

 

鎌倉を散策するにあたり、この本を読んでいただくことで

訪問の楽しみがより深くなり、楽しい発見をし、

最後の執権北条守時の人物像と

滅んでいった鎌倉幕府をしのんでいただければ幸せです。

 

 

   (記事はインタビューをまとめたものです。)

 

 

 

 

 

 

 

【守時光睴氏プロフィール

 

  1947年岡山県備前市に生まれる

  1971年 日本興業銀行(現みずほ銀行)入行

      政府交換留学生としてメキシコに派遣される

      東京湾横断道路(現アクアライン)出向

  2004年同行退職

  日墨交流会設立運営

  公財 精義塾(岡山県学生寮)  

  東京青年会議所OB勉強会「一会」

  ライオンズクラブ国際協会

  東京龍馬会

  新潟市サポーターズクラブ

  おかやま県観光特使

 

  

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    辻 雅子 (月曜日, 08 8月 2016 19:02)

    本読ませていただきました。
    非常に面白かったです。
    鎌倉を訪ねる楽しみが増えましたし
    故郷備前を見直すきっかけにもなりました。

    鎌倉末期の様子が生き生きと感じられ、
    兵どもの夢のあとを追いながら
    力尽きた最後の執権北条守時の無念さもひしひしと感じられました。

    守時さんにお目にかかれなかったら
    そしてこの本を読まなかったら、
    鎌倉末期に関する知識も興味も
    通り一遍のものだったと思います。

    読ませていただき本当によかったです。
    ありがとうございました。